引き出物を渡す前に|マナーを事前に調べておこう

結婚式出席者へのお礼の品

お礼の品の数え方と方式

プレゼント

結婚式に出席してくれた方へのプレゼントやお礼の品を「引き出物」と言います。
引き出物にはいくつか注意すべきルールがあります。
ルールは地方によって、また家によって考え方が異なる場合があるので、2人の両親と相談して決めると失敗を防ぐことができます。
よくあるルールの1つに「引き出物の数」があります。
結婚に関することは全て縁起をかつぐため、縁起の良くないとされる数にならないよう、気をつけましょう。
縁起の悪い数とは、分かれる数である偶数や、「死」に通じる4、「苦」に通じる9などです。
引き出物が「2つ」「4つ」になることを快く思わない人が一定数存在するので、年配の人を多く招待する場合には特に気をつけたほうが良いです。
「引き出物の数え方」で戸惑う人もいます。
席札やプチギフトは引き出物として数えるのかどうか、などです。
数え方はケースバイケースなので、ウェディングプランナーや両親の意見を参考にすると良いでしょう。
一般的に、縁起の良くない数を気にするのは年配者に多いので、「のし紙のついているものを引き出物としてカウントする」が、数え方の目安となります。
最近は当日にお持ち帰りいただく引き出物より、カタログギフトなど、あとから出席者に宅配される方式がトレンドです。
礼服を着ている当日に重くかさばる荷物を増やさずにすむ、複数のギフトから好きなものを選べる、などのメリットがあります。
贈る相手の層によって内容を変える「贈り分け」も人気です。
出席者を「上司」「親族」「友人」などに分け、それぞれに適した内容の引き出物にするやり方です。
「単身者」「ファミリー」などで分けることもあります。

消耗品を選ぶ

女性

結婚式は、新しい生活へ向けて華々しいスタートを切る新郎新婦の姿を見るのが最大の楽しみですが、最後に貰う引き出物も、楽しみの一つです。
新郎新婦は、ゲストに喜んでもらおうと、知恵を絞って引き出物を選びますが、いったいどのような引き出物が喜ばれるのでしょう。
まず、宅配サービスなどを手配しない限り、引き出物は出来るだけ重くならないように気をつけることが大事です。
特に、遠方から来ている人は、大きな荷物を抱えて家に戻るのは大変です。
ゲストの立場になった引き出物選びが肝心です。
次に、消耗品であることも挙げられます。
引き出物として、グラスやお皿などの食器類が選ばれることもありますが、好みもあるため、なかなか全員に納得してもらえる品物は選べません。
女性ならハンドケア製品、男性ならシューズケア製品など、すぐに使えるものが好評です。
誰にでも喜ばれる無難な引き出物として、近年ではカタログギフトが選ばれることもありますが、心がこもっていないと思われたり、欲しい商品がカタログにないなど、ネガティブにとらえる人もいるようです。
できれば、親族、上司、友人など、招待客を3つから4つのカテゴリーに分類して、異なる引き出物を選ぶと、より喜ばれる引き出物を選ぶことができます。
全員に喜ばれる引き出物は存在しないので、それぞれの招待客のセンスに合わせた品物を選ぶのが最善策です。
心を込めて選べば、必ず喜んでもらえるでしょう。

メリットを押さえて

レディ

二人のセンスを印象づけるものが結婚式の引き出物です。
自分達は引き出物選びに満足しても、ゲストはがっかりしてしまうということもあります。
もらって嬉しかった引き出物や、支持された引き出物をご紹介します。
まず、何よりも「実用性」です。
例えば、お米をもらったゲストは、1〜2号分でも割と人を選ばず、美味しく頂ける一品です。
そして、贅沢な気分に浸れる「少しリッチ」なものである有名店のお菓子などの詰め合わせセットは、自分ではなかなか購入する機会がないので、気分が上がります。
そして、最近の定番はやはり「カタログギフト」です。
その時々で欲しいものが選べ、ゲストも選ぶ楽しみもあるのでおすすめです。
迷う時間や、届くまでの時間もワクワクします。
また、引き出物を宅配にすると、自宅に帰るまでの手荷物が減り、身軽になるので、喜ばれるメリットの一つです。
また、最近の引き出物選びのメリットとして、全員同じではなく、相手との関係によって違う引き出物が贈れる、という点です。
例えば、ゲストの年齢層や親族、上司、友人というグループ分けをし、違う引き出物を送るカップルが増えているのです。
また、「カタログギフト」だとそれぞれのゲストに選ぶ時間が無い、時間がもったいない、というカップルにも相手が引き出物を選ぶことができるので、お互いの為にもオススメです。
しかし、作業は大変でも、その過程が楽しく、結婚式の思い出作りとして、時間をかけると時間をかけただけ、二人の絆が深まりまるでしょう。

縁起物のお菓子を贈る

婦人

結婚式では、出席してくれた人たちに感謝の気持ちを込め、引き出物を贈るのが習わしとなっています。引き出物には、引き菓子と呼ばれる縁起物のお菓子を入れることも習わしになっており、バームクーヘンや金平糖、落雁、紅白まんじゅうなどが一般的です。

もっと読む

結婚式のお礼の品

女の人

ささやかな結婚パーティーが好まれるようになったことで、引き出物についてもプチギフトと呼ばれる安価で小さなものが選ばれるようになりました。プチギフトにはハンカチなどの雑貨の他、焼き菓子などの食品があります。贈る方も貰う方も気兼ねなくやり取りすることが可能です。百貨店やネット通販で購入できます。

もっと読む

予算を考えたもの選び

ウーマン

結婚をした際には、披露宴というのは欠かせないものです。その際、引き出物の一つとしてオリジナルギフトを選びたいという人も少なくありません。しかし、費用もかかってくることなので、プチギフトのようなものとして選ぶと良いです。

もっと読む