引き出物を渡す前に|マナーを事前に調べておこう

予算を考えたもの選び

メッセージなどを添える

ウーマン

披露宴をする人達にとって、最も慎重に選ばなくてはいけないものというのは引き出物です。
せっかく手土産として渡すものになるので、贈る側としても心に残るものを引き出物として選択するようにしてください。
最近ではオリジナルギフトを選びたいという人が多くいますが、費用のかかるものにもなります。
そのため、プチギフトとして引き出物の中に入れると費用の負担がそこまで増えることなくオリジナルギフトを選ぶことができます。
引き出物としてオリジナルギフトを選ぶ場合どのようなものがあるかというと、パッケージに工夫を入れる場合が多いです。
例えば、新郎新婦の顔が描かれているクッキーや新郎新婦の名前が書かれている入浴剤などです。
また、最近ではメッセージを添えたフォトフレームなども人気となっています。
ただ、基本的にはあまり残るようなものではなく、小さなお菓子などの方が人気です。
あくまで、贈る側だけの気持ちではなくて贈られる側の気持ちを最大限に考慮する必要があります。
そのため、大きな物や重たい物などは帰りの手荷物になってしまうので、注意する必要があります。
予算としては、大体1つ400円程度が費用相場となっているので、この点を考えながら決めるとわかりやすいです。
1つの値段が安くても参列者全員となると費用は増えてくるものなので、自分達が出せる範囲の目安を徐々に決めるようにしてください。
大量発注することによってある程度値引きしてくれるところもあるのでよく調べることが大事です。

最も多く選ばれてる

ギフト

引き出物とは、結婚式や披露宴を行う際に、ゲストからもらったお祝いに対するお礼として配られる品物のことを指します。
引き出物の種類は様々あり、地域や家柄によって大きく異なります。
一昔前までは、引き出物というのは、披露宴などで出された料理の一部を手土産として持ち帰るためのものでした。
言うなれば、「披露宴の残り物」を引き出物にしていたわけです。
しかしながら、現在においては、残り物としてではなく、贈答品としての意味合いが強くなっています。
近年、最も選ばれている引き出物は、カタログギフトです。
カタログギフトといっても、ギフトそのものを引き出物にするわけではありません。
ゲストにカタログを贈り、それを見たゲストが自分の好きな引き出物を選ぶということです。
ゲストに引き出物の選択権を委ねることによって、ミスマッチが起きる可能性を抑制することができます。
一口にカタログギフトといっても様々な種類のものがあります。
価格帯にも幅があるため、友人には3千円のカタログギフト、親族には5千円のカタログギフトというように、金額で分けている人も少なくありません。
引き出物の中身を分けると見た目で分かってしまいますが、カタログギフトという形では見た目で分からないので安心です。
これは引き出物に限らず、あらゆる贈答品についても言えることですが、「全ての人を満足させることができる贈答品」というものはありません。
そのため、ゲストに選択権を委ねるのは、とても賢い方法であると言えます。

賢く選びましょう

風呂敷

結婚式に来てくれたゲストの方に感謝の気持ちを込めてお渡しする引き出物ですが、頭を悩ませるものの一つだと思います。
式場と提携しているところから購入するのが一般的だと思いますが、種類が少なかったり、手数料が入るため価格設定がお高めになっていたりと言う事も多くありますよね。
しかし、今や引き出物も通販で買える時代なのです。
自分たちがきちんと選んでゲストに贈りたいと思うものを選びたいですが、通販になるとその選択肢はとても広がります。
インターネットでも引き出物専門の通販サイトがたくさんあり、選んでいる時間も楽しいのではないでしょうか。
また、インターネットの通販サイトであれば移動中など空き時間でチェックすることも可能ですよね。
それでなくても忙しい結婚式準備中に、これはとても嬉しいメリットだと思います。
また、式場を通さず直接購入することによって、手数料が掛からず通常の価格で購入することができます。
その分の差額を利用して引き出物のランクをグレードアップすることも可能になり、自分たちにとってもゲストの方にとっても嬉しいですよね。
また、結婚式の後にゲストのご自宅に直接送ってくれるサービスを行っているサイトもあり遠方から来て頂くゲストや荷物の多い女性ゲストに喜ばれること間違いなしです。
その場合も、引き出物は後日発送する旨が書かれたメッセージカードも用意してくれるなど、通販での購入でもとてもサービスが手厚いのです。
色々な選択肢がある現代だからこそ、一生に一度の引き出物も賢く購入したいですよね。

縁起物のお菓子を贈る

婦人

結婚式では、出席してくれた人たちに感謝の気持ちを込め、引き出物を贈るのが習わしとなっています。引き出物には、引き菓子と呼ばれる縁起物のお菓子を入れることも習わしになっており、バームクーヘンや金平糖、落雁、紅白まんじゅうなどが一般的です。

もっと読む

結婚式のお礼の品

女の人

ささやかな結婚パーティーが好まれるようになったことで、引き出物についてもプチギフトと呼ばれる安価で小さなものが選ばれるようになりました。プチギフトにはハンカチなどの雑貨の他、焼き菓子などの食品があります。贈る方も貰う方も気兼ねなくやり取りすることが可能です。百貨店やネット通販で購入できます。

もっと読む

予算を考えたもの選び

ウーマン

結婚をした際には、披露宴というのは欠かせないものです。その際、引き出物の一つとしてオリジナルギフトを選びたいという人も少なくありません。しかし、費用もかかってくることなので、プチギフトのようなものとして選ぶと良いです。

もっと読む