引き出物を渡す前に|マナーを事前に調べておこう

縁起物のお菓子を贈る

日持ちするお菓子がベスト

婦人

結婚式では、出席してくれた人たちに感謝の意味を込めて、引き出物を贈るのが習わしとなっています。
地域などによって、何点贈るのかなどに違いがありますが、引き出物と一緒に引き菓子を贈るのも習わしです。
引き菓子は、もともとは披露宴の料理の一部をお土産として持ち帰ってもらい、出席者の家族に幸せのおすそ分けをするという意味合いを持っていました。
しかし、近年は和菓子や洋菓子が贈られるようになっています。
引き菓子の選び方としては、日持ちのするお菓子を選ぶことが大切です。
幾重にも重なった層が年輪のように見えるバームクーヘンや、長い時間をかけて作られる金平糖は、夫婦の絆を象徴するとして、引き菓子の定番となっています。
そのほか、落雁や紅白まんじゅうなど、縁起物のお菓子が選ばれます。
また、新郎新婦が自らお菓子を作り、引き菓子として贈ることもあるようです。
結婚式に出席する人の年齢層は幅広いため、全ての人に好き嫌いなく喜んでもらえるお菓子を選ぶのは、なかなか難しいものがあります。
ゲストの個性に合わせた引き出物や引き菓子を贈る新郎新婦も増えています。
引菓子も入れて、3点から5点の引き出物を贈るのが、一般的なようです。
引き出物は、貰うほうはどんなものが入っているのか楽しみであるのはもちろんのこと、贈るほうも、選ぶのが楽しみがあります。
素敵な結婚式の思い出を長く心にとめてもらうために、心を込めて引き出物を選びましょう。

宅配サービスが便利

ギフト

そもそも、引き出物を贈り分けする理由というのは、祝儀の金額が合わせて妥当な引き出物を用意する為です。
最近では、参列者全員に喜んでもらえるように引き出物を選ぶカップルが増えています。
しかし、費用面ではあまり予算を持ち合わせていないカップルも多いです。
そのような場合では祝儀の金額に合わせて引き出物を準備することが望ましいと考えるようになってきました。
この考えから贈り分けというものが始まり、参列者の祝儀金差を調節するようになりました。
そして、贈り分けは何パターンか用意しておく必要があります。
基本的に何パターンでも用意して問題ありませんが、あまりにも種類を用意してしまうと準備する方が大変になるので、大体5パターンほど用意しておけば、そこまで困ることなく準備が進みます。
そして、贈り分けの方法ですが、最も簡単な方法はカタログギフトです。
価格別にコース設定がされているので、非常に簡単ですし、形や大きさが変わらずにかさばらないです。
ただ、価格差というものが1,000円程度しか変わらないので、参列者が違いをわからないということも多くあります。
カタログギフトではなんだか味気ないという場合には、やはり心を込めて食品や雑貨を贈りましょう。
ゲストに贈り分けしていることを知られたくない場合には、引き出物を自宅に配送してくれるサービスもあります。
披露宴会場ではなく、自宅に直接配送してくれるサービスを利用すれば、何を贈ったかは本人にしかわからないので好都合です。
また、ゲストにとっても、引き出物を持って帰る必要がないため、大変便利だといえます。
贈り分けをしたい場合や、高齢者や子連れのゲストが多い場合には、引き出物の宅配サービスを利用しましょう。

参列者が喜ぶもの

のし

引き出物は結婚式に足を運んでくれた参列者の皆さんに贈るプレゼントです。
自宅に持ち帰って開けてもらうことになりますので、かさばるものや重いものを選ぶのは避けましょう。
引き出物はいわゆるお土産としてのプレゼントですから、参列者だけでなく相手の家族に喜んでもらえるものをセレクトするのも良いでしょう。
子供がいる方にはスイーツを贈ったり、家族が多い方には皆で選んでもらえるカタログギフトをプレゼントしたりします。
引き出物の歴史は古く、平安時代に遡ることができると言われています。
こうした贈り物は一般的なギフトとは異なり、慶事らしい華やかなものを選ぶと良いでしょう。
特に気をつけたいのはマナー違反です。
例えば刃物は危険であるだけでなく、夫婦の別れを予感させるため縁起が良くないものです。
ハサミや包丁は結婚式らしくありませんから避けるようにしましょう。
また食品を贈る際は賞味期限に気をつけることが大切です。
特に生ものは足が早いですから、参列者の方が誤って口にすると身体を壊してしまいます。
食品を引き出物として選ぶ際は加工食品をセレクトすると良いでしょう。
結婚式には様々な立場と年代の人達が集まるため、相手に合わせて引き出物を選ぶケースも珍しくありません。
こうした方法であれば参列者それぞれの好みに寄り添えますので、失敗が起こり辛いでしょう。
また引き出物は結婚式の後に参列者の住まいに送る夫婦もいます。
引き出物は五千円ほどを相場に考えて選びましょう。

縁起物のお菓子を贈る

婦人

結婚式では、出席してくれた人たちに感謝の気持ちを込め、引き出物を贈るのが習わしとなっています。引き出物には、引き菓子と呼ばれる縁起物のお菓子を入れることも習わしになっており、バームクーヘンや金平糖、落雁、紅白まんじゅうなどが一般的です。

もっと読む

結婚式のお礼の品

女の人

ささやかな結婚パーティーが好まれるようになったことで、引き出物についてもプチギフトと呼ばれる安価で小さなものが選ばれるようになりました。プチギフトにはハンカチなどの雑貨の他、焼き菓子などの食品があります。贈る方も貰う方も気兼ねなくやり取りすることが可能です。百貨店やネット通販で購入できます。

もっと読む

予算を考えたもの選び

ウーマン

結婚をした際には、披露宴というのは欠かせないものです。その際、引き出物の一つとしてオリジナルギフトを選びたいという人も少なくありません。しかし、費用もかかってくることなので、プチギフトのようなものとして選ぶと良いです。

もっと読む